2005年12月03日

靴になったのは

 テーマが「靴」になったのは、「温室」という場所のこともありました。

 「温室」というのは、本当に温室として、近くのレストランが野菜を栽培していた所で、総ガラス張りです。

 で、abofaには、金も無ければ、人もいない。よって、美術は創れない。仕込みの日も別途、用意できない。この時点では、参加者が何人になるかも、わかっていない。

 という訳で、床に靴をばら撒く!ということを思いつきました(実は、もう一つセットの候補があったのですが、これは内緒)。

 あと、役者さんが動き難そうでいいかな?とも思いました。ホラ、蜷川さんが時々、やっているじゃないですか、床がとっちらかっている舞台。あんな風になればいいなあ〜、とも思いました。


posted by とみさん at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 「fit」回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。