2006年02月28日

こういうWS

 おお、よかった!まだ元気があった!

 「こういうWS」と言うのは、オーディションでも作品創りの為でもない、ある意味「無目的」なWSのことです。そりゃあ、そうだ、大半の作品創りが「人に見せること」が前提ですもんね。

 なので、とっても純粋に、楽しんでいるようでした。まあ、プロの人にとっては、ただの「遊び」ですから。

 でも、これって結構重要なことじゃないでしょうか?自分が好きなもので楽しめるって。だから、子ども用のWSでは、この「遊びを楽しめる」って、ことだけでも伝えたいんですよね。技術は「本当に」目指した時に、身に付ければいい!

 やらされる100回より、やる気の1回!ですよ、身に付くのは!


2006年02月27日

まだまだ

 まだまだ続くWSの日々。本日は世田谷パブリックシアターにて、完全ご招待制のWSでした。なので、みなさん、役者さんやファシリテーターの人ばかり。

 ですから、進行は非常にスムーズ。後半は、一参加者としてグループワークに参加していました。大変綺麗な女優さんに囲まれ、幸せな時を過ごしました。

 でも、話を聞いてみると「こういうWSは、初めて受ける」と言う人が大勢いました。「こういうWS」が「どういうWS」のことなのか、力が残っていたら、必要なメールを送った後、書きますね。

2006年02月26日

明日のために、その3

 本日、浦安キッズシアターの発表会を終わらせてきました。まあ、なんとか「ご愛嬌」程度のミスと、「酒の肴になる」程度の成功を収めたのではないかな?と思います。

 ですから、指し当たって「あしたのために」という事はないのですが、私が時々、WSの最後に思うことを少しだけ。

 WSの発表会を終えて、今日が、もし「楽しかった」「満足した」「最高だ!」と思ったとしても、済んだこと。子どもは「明日の方がすばらしい一日」であるべきでしょう。そして、大人も。

 WSは、あくまでも経過。もっと言うと、人生は終わるまで、ずっと経過。楽しいと思ってもらえれば、ファシリテーターとしては、嬉しい限りですが、すぐに忘れてしまうぐらい、楽しいことが、みんなのもとに、すぐ起こるといいですね。
posted by とみさん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年の浦安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。