2005年10月31日

おもしろいんじゃない

 と言う、主催者の有難いお言葉。
では、女優さん3人に集まって頂きましょう、ということで、4/21(だったと思う)に都内某所で、初顔合わせ。

 実はこの時期、私は自分の劇団(?)OPuSの公演を一ヵ月半後に控えておりまして、8ヵ月後の公演ことなど、真剣に考えている余裕などありませんでした。

 でも、A型の私の偉いところは、この日を向かえる前に、ある程度、下交渉をしておりまして(たぶん、電話とか、すれ違ったときとかに)、話はスムーズに進みました。

 まあ、女優さん同士は元々知り合いなので、よっぽどのことが無い限り、険悪にはならないんですが。

 で、この日は、主にインタビューをして終わりました。その内容は・・・。


問題は・・・

 お芝居の中に、歌やダンスを入れなければいけないってこと。

 まあ、役者の方は問題無いんです。日本一(かな?)大きいミュージカルをやる劇団にいた人たちが二人いますから。あとの一人だってミュージカル経験者。

 でもねえ、私がミュージカル、嫌いなんですよ。このブログでもたくさん書いてますけど。綺麗なお姉さん方(よいしょっと!)に、ミュージカル・コメディをやらせるわけにもいかないし・・・。

 で、一応、以前もこのカテゴリーで書いたように、アイデアはあったので、それを話してみることにしました。当然、歌あり、踊りありなようなフリをして・・・。

さて

 で、ようやく、お芝居の中身を考えることに。
おっと、その前にまだ問題が・・・上演時間!

 あとあと、子どもが一緒にやることを考えると、短めにした方が・・・。
稽古時間を考えると、短めにした方が・・・。
台本の締切日を考えると、短めにした方が・・・。

 と、様々な理由から、短めの芝居を作ることにしました。

 でも、まだ問題が・・・。
主催者の好み、というか、子どもに見せる、ということを念頭に、お芝居の中に入れなければいけない要素があるんです。

 それが問題なんですよ・・・。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。